隣のとんくりさん。

2歳の娘を育てる母(ダークとんくり)のテンパリ育児記録です。

MENU

娘(11ヶ月)がソファーから転落し、頭を打った直後に吐いた事件!


 

 

 

土曜日の夜のこと。

 

 

私はキッチンで肉を焼きながら、娘がソファーにのぼるのをみました。

 


いつもだったら、危ないのですぐに下におろすのですが、最近は自分で降りれるようになってきたこともあり、「ちょっとくらい大丈夫かな」と思ってそのまま焼く作業を続けました。

 

 

そのときです!

 

 

「ゴツン!!!!!ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・」

 

 

ゴツンというものすごい音とともに、娘の大泣きする声が!
娘がソファーから落ちて、頭を打ってしまったのです⚡️

 

 


私が「ひゃぁぁあぁぁぁあぁぁ」と慌ててかけより、娘を抱きあげてオロオロしていると、娘が先ほど飲んだミルクをドバーッと吐き戻してしまいました!!!!!

 

 

とっさに、

「頭を打った後に吐いたらヤバい!」

ということが、頭をよぎりました。

 

 

 

そしてテンパりながら、小児救急ダイアルに電話して〜だとか、病院だ〜とか騒いでいたのですが、夫の方は冷静でした。

 


「泣き止みそうだから、ちょっと落ち着いて」と。

 


確かに娘はまだ泣いていましたが、その泣き方はだいぶ落ち着いてきているように思われました。

それで、抱っこしながらネットで調べてみたところ、下記のようなことが複数のサイトに書かれていました。

 


・頭を打った後に大泣きし、1〜2回程度嘔吐しても、泣き止んだ後にいつも通りであれば基本的には家で様子を見て良い。(最低24時間は注意深く観察することが必要)

 

 

 

そこで、泣き止んで落ち着いてきたところで床に降ろしてみると、何とご機嫌!

こんなにご機嫌だったら様子見で大丈夫だろうと判断し、その日はお風呂に入れてそのまま寝かしつけました。

(その後頻繁に様子は見に行きましたが、スヤスヤと寝ていました)

 

 

 

そして、娘はソファにのぼらなくなった・・・

 

 

その後3日経ちますが、娘の様子に変わりはなく、ひとまず安心しています。
大事に至らず本当に良かった(>_<)

 

 

しかし、その事件以来、娘はソファに1度ものぼっていません⚡️
あれだけ毎日キャッキャ言いながらのぼっていたのに・・・

 


11ヶ月にもなると、学習能力が備わっているのか・・・
いや、そんなことより、赤ちゃんにそこまでの恐怖心やトラウマを植えつけてしまったことを、親として申し訳なく思います・・・・・(>_<)

 

 


そのうちまたのぼり出すのではないか・・・とは思いますが(^_^;)どうだろ。

 

 

 

気をつけて!油断が事故への第一歩!

 

 

今回の事故は、

「ソファからおりれるようになってきたから、ちょっとくらい大丈夫だろう」

と油断した私の責任です。

 


思えば今までも、数々のヒヤリハットがありました。

 


・娘のすぐ近くでお皿を割ってしまったり・・・(ひぃぃぃぃぃぃぃ!)

・ふと見たら、娘がハサミを持っていたり・・・(ひぃぃぃぃぃぃぃ!)

・ふと見たら、娘がボタンを口に入れていたり・・・(ひぃぃぃぃぃ!)

 

 

その度に、自分の注意が甘かった、と気を引き締めてきたのですが、まだまだ意識が甘かったようです。反省・・・

 

 

 

子どもの事故は親の責任!

油断が事故への第一歩!

 

 

 


気をつけましょうね(>_<)

 

 

 

 

では。