隣のとんくりさん。

2歳の娘を育てる1匹狼的ワーママの、テンパリ育児記録です。

MENU

オススメ絵本「ようちえんがばけますよ」のご紹介と、その他 もにょ もにょ もにょ

 

 

前回の記事でちょこっとだけ登場した、我が家の大ヒット絵本「ようちえんがばけますよ」。

 

 

ようちえんがばけますよ

ようちえんがばけますよ

 

 

 

 


今回はその魅力に迫ります!

とても面白い絵本なので、いつか手に取って欲しいな~という思いを込めて…

 

 

 

入手した経緯と最初の反応


この絵本は、娘が1歳になったばかりの頃に、私の母がプレゼントしてくれました。

生協で注文したそうです。

 

読み聞かせてみたところ、私は「なかなか面白い絵本だな」と思いましたが、一方の娘の反応はイマイチ。

途中で飽きられてしまいました。


ちょっと長いんですよね。


それで、1歳にはまだ早いかな?と思い、棚の奥にしまいこんでしまったのでした。

 

 

 

突然、ブームの到来!!!

 


それからしばらくは読み聞かせることはありませんでしたが、娘が1歳3ヶ月になった頃に、この絵本が目について、ようやくその存在を思い出しました。

 


今ならどうだろうか…と、試しに読み聞かせてみたところ、なんと娘に大ヒット!!!!!!!!

 


何度も何度も「もう1回!」「もう1回!」とせがまれる事態に…!

 

 

それ以降、この「ようちえんがばけますよ」は、娘の大のお気に入り絵本です。

 


娘の様子を観察してみたところ、本棚からわざわざこの絵本を探して取っていたので、本当にお気に入りのようです。

 

 

 

「ようちえんがばけますよ」はこんな絵本!面白いポイントは?

 

 

ここからが本題!

「ようちえんがばけますよ」の内容とその魅力のご紹介です(^^)


「ようちえんがばけますよ」は、キツネが呪文を唱えて、幼稚園や園庭で遊ぶ子どもたちがいろんなものに化けていく…というお話です。

 

 

ばけました。

ばけました 。

ようちえんが ばけました。

キツネは、もっと もにょ もにょ もにょ。

 

 


リズミカルなこのフレーズも読んでいて楽しいんですが、ページをめくると毎回ワッと驚かされます。


幼稚園も、遊具も、木も、子どもたちも先生も、細かい部分まで全~部化けている!!!!!!

 


ベースはどのページも、幼稚園と子どもたちが遊ぶ園庭で変わらない…

けど、どんどんどんどん化けていく!

 

 

幼稚園が…

 

 

f:id:popopopopotato:20160923233427j:plain

 

あっっ!!!!

 

f:id:popopopopotato:20160923233437j:plain

 

 

 

 

あっこのくらいで。。。

 

 

 

大人も読んでいて面白いんです。
読めば読むほど細部が気になってきて…

 


ん?この犬はさっきのページではどの子だったんだろう…?
そして次のページでは何になっているんだろう…

 


とか、


この遊具がこうなって、あ~なって…ほほぅ…

 


とか。

 

ついつい気になって、読み聞かせながら私がページを戻してしまうことがあるくらいです(コラコラ)。

 

 

しまいには、


んんん…?なんでコレがこのページにいるんだ!?!?!?おかしい!!

 


とかいうことに気づいてしまって、実はもっともっと奥が深い絵本なんじゃないかと思っています。

 

 


今は娘も絵がどんどん変わっていくのを見て楽しんでいる様子ですが、もう少し成長したらそういった、間違い探しのような楽しみ方をしだすのではないかと思います!

 

 


1歳に読み聞かせてみんながみんなハマってくれるわけではないでしょうが、幼稚園に入園する頃には多くの子がこの絵本の面白さを分かってくれるのではないかな~と思います(^o^)!

大人も子どもも、一緒に楽しめる絵本です✨

 

1度読み聞かせてプイされても、いずれまた挑戦してみる価値ありですよ!

(←いくらなんでも推し過ぎ)

 

 

 

同じ作家さんの面白い絵本がまだまだあるらしい!

 


ところで。


「ようちえんがばけますよ」の作者、内田麟太郎さんについて調べてみたら、他にも同じような面白い絵本を出してらっしゃるみたいです!

どれも内田麟太郎さん×西村繁男さんコンビです!

 

 

がたごと がたごと (絵本・こどものひろば)

がたごと がたごと (絵本・こどものひろば)

 

 

 

 

 

 

  

 

おばけでんしゃ (絵本・こどものひろば)

おばけでんしゃ (絵本・こどものひろば)

 

 

 

 

検索したら、うちの市の図書館にも、ありました?!!!嬉しい✨

予約して、そのうち読みたいです?

 

 

皆様も、本屋さんや図書館で内田麟太郎さん×西村繁男さんの絵本を見つけたら、手にとってみてはいかがでしょうか〜?

絵本を開いてみたら、そこには面白い世界が広がっているかもしれませんよ~…なんちゃって。

 

 

 

図書館といえば、前回の記事を書いた後に、衝動的に行ってみました!

また新たな発見もあったので、そのうちご紹介しますね〜♪

 

世界が広がりました・・・(^^)

 

 

 

その他 もにょ もにょ もにょ の話。

 

 

ところで話は少し変わりますが。

 

 

先日Amazonで購入した3冊の絵本が届きまして・・・

 

せっかくだから、娘に手にとってもらいたい!

と思った私は、本棚に飾ってみたんですが・・・(普段はそんなことしない)

 

 

 

なんと娘はこんな遊びを始めてしまいました。

 

 

※「でんしゃでかえろう」と「どうぞのいす」以外を持ち出したのは娘です。。。

そして下の段の2冊は私が並べましたが、上の段を並べたのは娘。

 あーでもない、こーでもないと、20分くらいひたすらこの並べる作業をしていました

f:id:popopopopotato:20160923235606p:plain

 

 

 

 

その次の日も・・・↓

思うように並べられずに、泣いている。。

娘よ、3冊が限界だよ。。横に並べよう、横に。

 

f:id:popopopopotato:20160924000217j:plain

 

 

 

そして娘は、絵本を読むことよりも並べることに夢中になったのであった〜・・・(完)

 

 

 

いや、こんなに集中して何かの遊びをするのは初めてのことで、ビックリしました。

 

まだまだこれから、

「これ楽しい!」

「これ面白い!」

という発見を、たくさんしていくんでしょうねぇ・・・。

 

 

親もまた、

「こんなことが好きなんだ!」

「こんなことができるんだ!」

と、その都合ビックリしたり、感動したり、喜んだりしてね。

 

 

 

 

ではでは(^^)