読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣のとんくりさん。

2歳の娘を育てる1匹狼的ワーママの、テンパリ育児記録です。

MENU

幼児食本を参考に、作ってみたよ♪な献立集②

 

 

こんにちは〜。

 

幼児食本を参考に、作ってみたよ♪シリーズ第2弾です。

あ、このシリーズはいつまでも続けるわけではなく、第3弾くらいまでにして、その後はこの幼児食本を参考に作った献立も、通常の献立集の中でご紹介する形態を取りたいと考えています。

そして、この本に関するまとめ記事を書かなければ・・・!(あら、そうですか。

 

 

ほんと毎回くどくて申し訳ありませんが、前回の記事を読んでいない方がもしかしたらいらっしゃるかもしれないので、この記事でいう「幼児食本」をご紹介させていただきます・・・↓

 

好き嫌いをなくす幼児食―心に栄養、頭に栄養

好き嫌いをなくす幼児食―心に栄養、頭に栄養

 

 

 

★この本に関する事前情報(前回の記事で書いた内容です↓)

 

・管理栄養士の加藤初枝さんが、子どもたちに長年幼児食を提供してきた経験に基づき、どのように調理をすれば子どもが食べてくれるか?という観点からレシピを紹介している本(解説ページもあり)。

・全てのレシピは子ども1人分+大人2人分

・全てのレシピに子どもが食べやすくするポイントが書かれている

・全てのレシピに献立のヒント(献立例)が書かれている

 

 

 

この2週間で、この幼児食本を参考にしてさらに5つ献立を作ってみました!

やはり、献立例が載っているのが非常に助かります!

ペラペラ〜と読んで、作りやすそうなものから作っている状況です(^_^)

 

以下、 料理名のあとに(p○)と書かれている料理が、この幼児食本を参考に作った料理です。

気に入った献立順にご紹介していきます。

 

前回同様、詳しいレシピはご紹介できませんが、この幼児食本にご興味のある方や、幼児食の献立例を知りたい方にとって、参考になる部分があれば幸いですm(_ _)m 

 

  

白身魚とカブのクリーム煮とカボチャのソテーの献立

 

f:id:popopopopotato:20161126211741j:plain

・白身魚とカブのクリーム煮(p67)

・カボチャのソテー(p52)

・トマト

・ほうれん草と豆腐の味噌汁

 

献立例は、白身魚のカブのクリーム煮、カボチャのソテー、キャベツの胡麻酢和え、厚揚げとわかめの味噌汁でしたが、副菜を2つ作るのは無理なので、上記のような献立にしました。(味噌汁にほうれん草をイン)

 

白身魚とカブのクリーム煮は、牛乳とバター、ブイヨンを使ったお料理。

優しい味で美味しかった!

白身魚は、生協の骨取りタラを使用。

そして何といっても、カブがトロトロリ〜❤️❤️❤️

この幼児食本を使うまで、私はカブを買う習慣がなかったのですが、この本にはカブを使った料理がたくさん出てくるので、買うようになりました。

大根の食べっぷりはイマイチな娘も、カブはパクパクです。

大根よりもコスパは悪いけど、子どもには「カブ」!

今後はたくさん使わせてもらいます✨

(ちなみに、この後の献立にもカブがたくさん出てきます。)

 

 

カボチャのソテーは、薄切りのカボチャを茹でた後に、細切りのベーコンと一緒に炒めて塩で調味するという副菜。

 

私はいつものごとく、レンジで蒸した後に炒める方法にしました。

カボチャの味はそもそも強いので、調理して劇的に美味しくなる!というほどでもなく、これ作るなら温野菜の方が楽だな〜と正直思いましたが、そんなこと言ってたらいつまでも副菜のレパートリーが増えないので、たまには作ろうと思います。笑

 

 

鮭のソテーとじゃがいも入り炒り卵の献立

 

f:id:popopopopotato:20161126213815j:plain

 

・鮭のソテー

・じゃがいも入り炒り卵(p55)

・トマト

・カブとほうれん草の味噌汁

 

これは献立例とほぼ同じかな?ブロッコリー添えがないだけですね。

 

じゃがいも入り炒り卵は、じゃがいもと人参、さやえんどうを茹でた後にバターでソテーし、卵を流し入れた後に塩で調味するという料理。

さやえんどうがなかったので、冷凍庫に残っていた冷凍インゲンを使いました。

この料理も子どもが好きそうな味で、じゃがいもの食べっぷりがイマイチな娘もよく食べてくれました。

蒸すなり茹でるなり、しっかり柔らかくしてからソテーするのがポイントですかね。当たり前ですが、じゃがいもが固かったら食べてくれませんもんね。(←分かっていながら、よく失敗する

 

この料理についても、洋食料理の付け合わせにたまに作りたいと思います。

いつも粉吹き芋や温野菜ばかりだったので(^_^;)

人参とさやえんどうの代わりに、ミックスベジタブルを使ったら、もっと楽にできるだろうと感じました。

 

 

カブとほうれん草の味噌汁も、「カブ」だけに大好評でした♪

 

 

鮭のマヨネーズ焼きと大豆の五目煮の献立

 

f:id:popopopopotato:20161126215703j:plain

 

・鮭のマヨネーズ焼きブロッコリー添え

・大豆の五目煮(p99)

・ニラとカボチャと卵の味噌汁

 

 

また「鮭」です。

いや、この本、鮭と白身魚ばかりで(^_^;)

 

大豆の五目煮の献立例とほぼ同じ。粉吹き芋がないだけです。大豆の五目煮にじゃが芋がはいっているので、省略しました・・・・・・・

 

鮭のマヨネーズ焼きは、下記のレシピを参考につくりました。

 

鮭のマヨネーズ焼き|とっておきレシピ|キユーピー

 

献立例に書かれている料理のレシピがこの本に載っていない場合は、ネットで探します!

で、鮭のマヨネーズ焼き、初めて作ったんですが美味しかったです!

 

 

そして、大豆の五目煮。人参・じゃがいも・昆布入りです。

めんどくさがって作ったことがなかったんですが、この本に後押しされて初挑戦。

優しい味×大豆とじゃがいもがホクホク。

そして、娘は大豆をパクパク食べてくれて、大豆好きということが判明!

大豆の五目煮も、めんどくさかがらずにたまには作ろうと思います。

早速、生協の大豆缶(3個セット)を購入しました。

この本には、他にも大豆を使ったレシピが載っているので、それにも備えて✨✨

 

鮭のマヨネーズ焼きと大豆の五目煮、珍しい組み合わせのように思いますが、マヨと醤油で味がかぶらないのが◎

 

 

 

酢豚の献立

f:id:popopopopotato:20161126221656j:plain

 

・酢豚(p125)

・カボチャのクリーミーサラダ

・トマト

・ほうれん草とカブの卵スープ

 

献立例は、酢豚、かぶと油揚げの含め煮、煮豆、ほうれん草と麩の味噌汁でしたが、かぶと油揚げの含め煮をわざさざ作る気にならず、かぶをスープへ。

そして、ついついまた作ってしまったカボチャサラダ。でも今回は「クリーミー」サラダで、牛乳をたくさん入れてます。

でも、そろそろカボチャサラダは控えます。(作り過ぎ

 

 

さて、酢豚。

じゃがいも、人参、玉ねぎ+豚薄切り肉を、ケチャップ入りの甘酸っぱいタレにからめて作ったもの。

結構味はしっかりついて、美味しいと思ったのですが、娘と夫には不評でした。

夫曰く「酢豚を食べている気がしない(酢豚なら塊の肉が良い)」と。

まぁそう言われたらおしまいよ。

娘は、ジャガイモがそこまで好きではないし、どうも味が濃いのが好きじゃないようで、食が進まず・・・

残念ですが、当分作らないかも・・・

(そんなもの紹介してすみません。でもしっかり味なので気に入ってくれる子もいると思う。。)

 

で、この献立で娘に大好評だったのが、「ほうれん草とカブの卵スープ」!

また、カブ!

前にもリンクを貼ったことがあるかもしれませんが、下記のスープにカブを勝手に入れてみたのです。豆腐はなしで、調味料は少なめで作りました。

cookpad.com

 

そしたら娘に大ヒット!

酢豚がイマイチな分、こちらのスープ(の具)をたくさん食べてくれました✨

 

 

 

ささみの甘酢炒めと小松菜の白和えの献立

f:id:popopopopotato:20161127133902j:plain

 

・ささみの甘酢炒め(p61)

・小松菜の白和え

・トマト

・根菜の味噌汁

 

献立例はささみの甘酢和え、ごぼうと人参のごま煮、ほうれん草の磯辺和え、豆腐とワカメの味噌汁でしたが、やはり副菜2品は厳しいのでごぼうと人参を味噌汁に入れました。そして豆腐を使った副菜、白和えに・・・!

 

この献立はそんなに気に入っていないので、サラリと。

ささみの甘酢和えは、やはりケチャップを使った甘酢いためで、めんどくさいくはなかったし、娘の食べっぷりも悪くなかったと思う。(うろ覚え)

ただ、大人の主菜がこれだけでは物足りない気がするので、大人の献立はちょっと工夫した方が良いかも?と感じました。お弁当のおかずには良さそうですが。

子どものためのレシピ本だから、しょうがない部分はあるんですけどね(^_^;)

 

この献立に限らず、夫には物足りないだろうなー・・・って日には、生協のレンジでチンするだけの小籠包とか、蒸し春巻きとかを一緒に出したりしています。そんなわけで、最近はそういうちょっとした冷凍おかずを集めています・・・

 

 

 

 

●●●

 

あ、今回はこのくらいで・・・

 

何だか文章が無駄に多過ぎてすみませんm(_ _)m

  

 

あと1回、このシリーズを書かせていただくと思います。

 

今回は5つ中2つが何だか微妙な感じでしたが、次回はもっと良い献立をたくさんご紹介できれば良いなぁと思います。思います。。

 

 

 

では、最後まで読んで下さった方はどうもありがとうございましたm(_ _)mぺこり

 

 

 続編↓

www.tonnkuri.com