読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣のとんくりさん。

2歳の娘を育てる1匹狼的ワーママの、テンパリ育児記録です。

MENU

幼児食本を参考に、作ってみたよ♪な献立集③

 

 

おひさしぶりです。

 

このシリーズはきちんと終わらせておかないと!ということで、幼児食本シリーズ第3弾!献立集形式で掲載するのは今回が最後で、その後にまとめに入らせていただきます(^_^)

 

ほんと毎回くどくて申し訳ありませんが、この記事でいう「幼児食本」をご紹介させていただきます・・・↓(もう知ってるよ!という方はスルーして下さい(^_^;))

 

 

 

好き嫌いをなくす幼児食―心に栄養、頭に栄養

好き嫌いをなくす幼児食―心に栄養、頭に栄養

 

 

 

★この本に関する事前情報(前回の記事で書いた内容です↓)

 

・管理栄養士の加藤初枝さんが、子どもたちに長年幼児食を提供してきた経験に基づき、どのように調理をすれば子どもが食べてくれるか?という観点からレシピを紹介している本(解説ページもあり)。

・全てのレシピは子ども1人分+大人2人分

・全てのレシピに子どもが食べやすくするポイントが書かれている

・全てのレシピに献立のヒント(献立例)が書かれている

 

 

今回もこの本を参考に作った献立を5点ご紹介します!

またまた私の無駄なコメントが多くなってしまいましたが、サラサラと読み流していただければ・・・と思いますm(_ _)m

この本にご興味のある方や、献立例を知りたい方にとって参考になる部分があれば幸いです・・・

 

 

 

鮭グラタンと根菜ポトフの献立

 

f:id:popopopopotato:20161224142451j:plain

 

・鮭グラタン(p85)

・ほうれん草の磯辺和え(p42)

・コールスローサラダ

・根菜ポトフ(サツマイモ、大根、白菜、人参)


献立例は、鮭グラタン、ほうれん草の磯辺和え、サツマイモとリンゴの甘煮、豆腐と厚揚げの味噌汁でしたが、サツマイモとリンゴの甘煮を夕食のおかずにする気になら
ず、上記のような献立になりました。(どうしても、汁物に野菜を入れないと気が済まないらしい。笑)

 

鮭グラタンは、ホワイトソースに粉チーズを混ぜてこんがり焼くというのが特徴。
粉チーズを使うと、幼児も食べやすいのだそうです。
優しい味で、娘にも夫にも好評でした!


ほうれん草の磯辺和えは、ほうれん草のお浸しに小さく切った焼きのりをプラス
したような副菜です。
幼児はのりを好みます・・・という説明に納得。
娘ものりが大好きです。この副菜もなんと完食してくれました!

のり入りの副菜も、良いですね♪

 


根菜ポトフは、下記のレシピを参考に。
まぁ、レシピを参考にするほどのものでもないですが。

さつまいもの甘みが特徴のこのスープ。
夫に好評だったのが、意外でした・・・

 

 

翌日の朝食は、根菜のシチューにリメイクしました♪

f:id:popopopopotato:20161224145010j:plain

park.ajinomoto.co.jp

 

 

 

 

アジの胡麻味噌焼きとけんちん汁の献立

 

f:id:popopopopotato:20161224143314j:plain

 

・アジのごま味噌焼き(p72)

・切り干し大根と小松菜の炒り煮(p94のアレンジ)

・トマト

・けんちん汁(大根・人参・里芋・ごぼう・えのき)


献立例は、アジのごま味噌焼き、切り干し大根の炒り煮、ほうれん草の白和え、里芋とわかめのすまし汁でしたが、ほうれん草の白和えを作らない代わりに切り干し大根の炒り煮に小松菜を投入し、すまし汁を具だくさんのけんちん汁に変えました。

 

アジのごま味噌焼きは、アジ230gを醤油小1/2、砂糖小1、みそ小1、すりごま大1/2を合わせたものに30分つけこんで、焼くだけのお料理。
アジは生協のアジフィーレ(骨とり済)を使いました。

ごまとみその風味でアジの生臭さをおさえるのがポイントだそうで、娘もパクパク食べてくれました!

 


切り干し大根と小松菜の入り煮は、本のレシピに小松菜2株ほどを勝手に投入したもの。変にアレンジして味がおかしくならないか心配しましたが、問題なし!


この切り干し大根の炒り煮は、油で材料を炒める→切り干し大根のもどし
汁とだし汁で蓋をして15分煮る→醤油小1弱と砂糖小1弱を加えてさらに15分
煮る、という実に丁寧なレシピだったのですが、ビックリするほど柔らかくなって、今まで私が作っていた切り干し大根の煮物は何だったんだーーーーーーー!と衝撃でした。。


味も、いつも濃いのを気にして調味料を少し減らして作った結果微妙な味になる・・・という状況だったのですが、この切り干し大根の炒り煮は、濃すぎず薄すぎずの絶妙な、優しい味わい◎

我が家の切り干し大根の煮物は、このレシピでいきます!

 


けんちん汁は、下記のクックパッドの人気レシピを参考に。
大根は柔らかくないと食べてくれないので、シリコンスチーマーで2分ほど蒸した上で、グツグツグツグツ……煮ました。

味付けは、グツグツ煮過ぎて水分が蒸発したのか、レシピの半分ほどでも十分な濃さになりました。というか、いきなり塩小1/3ほどガバッと入れてしまったのは失敗でした。。(←料理初心者あるある
塩はもう少し少なくても良かったかも。

けんちん汁も、たまには作りたいと思います。(汁物のレパートリーも増やしたいという願望。。

 

cookpad.com

 

 

 

ポークビーンズとブロッコリーのチーズ炒めの献立

 

f:id:popopopopotato:20161224145137j:plain

 

・ポークビーンズ

・ブロッコリーのチーズソテー(p91)

・コールスローサラダ

・大根と白菜のスープ

 

 

この献立は、ほぼ献立例どおりかな。

ポークビーンズのレシピはこの本には載っていなかったので、クックパッドの人気レシピを参考に作りました。
娘はトマトスープはよく食べてくれますが、こちらはあまり好きではないじゃがい
も入りだったからか、パクパクというほどではありませんでしたが、まぁまぁ食べてくれました(^_^;)

 

cookpad.com

 


この献立で感動したのは、ブロッコリーのチーズソテーです。
ブロッコリー150gと人参(細切り)50gをそれぞれ茹でて柔らかくした後に、粉チーズ(1/3カップ!!!)を入れてソテーし、さらに塩少量で調味するというもの。

チーズ味のお菓子みたいで、娘もパクパクでした。笑
あ、ちなみに粉チーズは1/3カップも入れていません。
もっと少ない量でしたが、十分。1/3カップ入れていたら、もっと濃厚で美味だったことでしょう・・・・・・!

 


大根と白菜のスープも、クックパッドの人気レシピを参考に。
大根は、さきほどのけんちん汁と同様、シリコンスチーマーで蒸して柔らかくしてから調理しています。
野菜は徹底的に柔らかく!この本で学んだことです。。。

 

cookpad.com

 

 

 

ひじきご飯と肉団子の野菜あんの献立

 

f:id:popopopopotato:20161224152351j:plain

 

・ひじきご飯(p112)

・肉団子の野菜あん(p58)

・ポテトサラダとトマト

・小松菜と卵のスープ

 

献立例は肉団子の野菜あん、大豆とじゃがいものサラダ、かぶとわかめの味噌汁だったんですが・・・なぜか全然違う献立になりました。笑

 

ひじきご飯は、ひじき、人参、油揚げをみじん切りにするのが特徴。ご飯とよくなじむようになるのだそう。

味も濃すぎず薄すぎずで調度よく、娘にも好評でした。

 

肉団子の野菜あんの肉団子は、牛ひき肉を使って作るのが本来なんですが、生協の肉団子を使いました(^_^;) 

あまり期待はしていなかったんですが、あんが甘くて結構美味しかったです。

肉団子は自分で作った方が柔らかくてなお良かったんだろうなーと思います。

 

 

小松菜と卵のスープは、下記のレシピを参考に作りました。

cookpad.com

 

 

 

ささみのフィンガーフライの献立

f:id:popopopopotato:20161224150354j:plain

 

 

ささみのフィンガーフライ(p61)

・ミックスビーンズ・トマト・ツナのサラダ(p45のアレンジ)

・野菜スープ

 

献立例は、ささみのフィンガーフライ、野菜のトマト煮、インゲン豆のツナサラダ、じゃがいもと油揚げの味噌汁でしたが、野菜のトマト煮は野菜スープで良いのでは?
と思い、上記のような献立になりました。

野菜スープにもウインナーが入っているし、ちょっとたんぱく質・脂質過多かも?💦
まぁ、毎日じゃないから良いか(^_^;)気をつけます。

 


ささみのフィンガーフライは、衣に粉チーズとパセリを混ぜています。

パサつきやすいささみも、揚げたら食べやすくなるとのこと。
確かに、とても柔らかかった・・・◎
もちろん娘は手づかみでパクパクです。
揚げ物は、多くても週1くらいにしたいですね(^_^;)

 


インゲン豆のツナのサラダを作ろうと思ったんですが、インゲン豆の水煮缶なるもの
が売られておらず、結局ミックスビーンズで作りました。

茹でた豆(茹でた後にレモン汁をまぶしたもの)+ツナを、マヨネーズと塩で合えるだけの簡単副菜でした!てか、普通にドレッシングかけても良さそうですよね。
物足りなくて、トマトも追加!
ブロッコリーやキュウリを入れてもおいしそう・・・と思いました◎


野菜スープは、ストック目的でたくさん作りました。
今回はカブ入り&ブイヨンを使用。40分くらい煮込みました。
このような野菜スープを、いまだに常に冷凍ストックしています。
(野菜スープストックがないと落ち着かない・・・!)

 

 

 

●●●

 

 

 

 以上、幼児食本を参考にした献立5点のご紹介でした!

文字が多くなってしまいましたが、最後まで読んで下さった方はありがとうございますm(_ _)m

 

今回の献立集は、前の2本より良かった気がします(自己満足)!

やはり、自分で一から考えた献立より、本を参考にした献立の方が断然出来が良いです(^_^)♪

 

 

さて、次回はついに幼児食本のまとめに入りますよ!

この本を購入して2ヶ月弱の間にどのくらいのレシピを作ったのか?どのくらい使える本だったのか?買って良かったのか?などなどについてまとめます。

 

 

これまでの幼児食本シリーズ3本を読んで下さった方は、もうどんな本かは分かってらっしゃると思いますので、わざわざ長たらしいまとめは読む必要がないかもしれませんね(^_^;)!

しかし、もしご興味のある方がいらしゃったら、チラっと覗いてみて下さいね(^_^)!

 

 

では。