隣のとんくりさん。

2歳の娘を育てる母(ダークとんくり)のテンパリ育児記録です。

MENU

【共働き】保育園への朝の送迎を、夫(パパ)が担当することのメリットについて。


 

 

こんにちは。

 

夫婦共働きの方は、保育園への朝の送迎はパパとママ、どちらが担当されていますか?

復職がこれからで、朝の役割分担をどうしようかとお悩み中の方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

さて、この記事では、保育園への朝の送迎を、最初の半年は私(妻)が担当していたけれど、途中から夫が担当するようになった、我が家の経験談をご紹介します。

 

朝の送りを夫にしてもらうようになって、良かったと思うことがたくさんあるので、朝の役割分担をどうしようかとお悩み中の方や、見直しを検討中の方にそのことを伝えるために、この記事を書くことにしました。

 

 


我が家と同じく、夫が仕事で忙しいなどの理由で、家事や育児の役割が妻に集中しがちなご家庭(もしくは、夫が忙しいわけでもないのに全然家事をしない家庭)向けの内容となっています。

ご主人がすでに家事・育児をたくさんされているご家庭や、ご主人の出勤時間が極めて早く、朝の送迎を担当することが現実的でないご家庭にとっては、しっくりこない部分もあるかもしれませんが、ご了承ください。


妻と夫の出勤時間や勤務状況等はご家庭によって様々ですので、絶対夫がやるべき!という話ではないのですが、朝の役割分担を決めるにあたって、何かしら参考になる部分があれば幸いです・・・。

 

 

 

 

 

朝の送迎者が私(妻)から夫に変わるまでのお話

 

私は、娘が1歳になる昨年の4月に復職しました。

最初は、朝夕ともに私が送迎を担当しようと決めていました。

 

その理由としては、最初の半年間は私の勤務が90分短かったという事情もあるのですが、それ以上に、夫が激務で心身ともに疲れ切っていたからです。

半年経てば夫よりも私の出勤時間(家を出る時間)の方が早くなることは分かっていたのですが、こんな夫に朝の送りは任せられないと思い、1人でやる決心をしました。


しかしながら、その後、夫の勤務状況はいくぶん改善され、早めに帰って来れる日もでてきました。
それにともない、精神状態も良くなった、夫。

一方で、家事・育児のほとんどを1人でやっていた私は、夫への不満を募らせていきました。


さらには、10月が近づくに連れて、出勤時間が1時間も早くなることへの不安も大きくなっていき、朝の送りは夫に担当してもらうのが現実的だと考えるようになりました。

(私が保育園に預ける場合は7時前には家を出なければならないのですが、夫が預ける場合は7時15分頃に家を出れば間に合います。)

 

 

そのことを夫に察して欲しく、

「朝7時前に家を出るのは早過ぎる!」

などと訴えても、

「俺も小さい頃、そのぐらいの時間に預けられてたよ」

「雨の日だけ、俺が送ろうか?」

と、夫。


さらに、

「娘はうんちをする時間もなく、便秘になってしまう!」

などと訴えても、

「じゃあもっと早く起こせば良いじゃん!」

と。


あまりの空気の読めなさっぷりに愕然とするとともに、「やはり夫は朝の送りをやりたくないんだ…」と失望しましたが、最終的には、私1人でやるのは困難だと判断。


「朝はあなたがやって!」

と直接お願いしたところ、夫は意外にもスンナリ承諾してくれました。

 

以来、定期的に残業が多い月もあるのですが、朝の送りはずっと夫に担当してもらっています。


(7時15分に家族3人で車に乗り込み、私だけ先に駅で下ろしてもらった後、夫が保育園に娘を預けに行っています。)

 

 

 

保育園への朝の送迎を夫が担当するようになって、良かったこと


私は、保育園への朝の送迎を夫に担当してもらうようになって、本当に良かった!と感じています。

 

そりゃ、私の負担が軽くなったんだから、良かったと思うのは当たり前ではあります。

が、単に負担が軽くなったから…というだけの話ではないんですよね。

気持ちの面で、とても楽になったのです。

 


これはどういうことかと言いますと、朝の送りを私が担当していたときは、本当に本当に本当に私1人で家事も育児もやっているような気持ちでいました。

共働きなんだからと、夫の家事の役割を増やそうと思ったこともありました。

しかし・・・夫には定期的に残業が極端に多くなる月が発生するので、どうしてもうまくいきませんでした。

 

夫は疲弊して家事どころではなくなる→結局私が全部やる→振り出しに戻る

 

といった感じで・・・。

 


そんな中、保育園への朝の送迎だけは夫の役割に固定化したところ、家事・育児を1人で全部やっている!という感覚がなくなりました。

今までは、全然夫は家事・育児をしていない…としか思えなかったのに、夫にもちゃんとやってもらっている、と思えるようになりました。(実際、朝預けてもらっていますしね)


そのように思えるようになったことで、私の気持ちはだいぶ楽になりましたし、夫への不満はだいぶ減ったように思います。(夫への不満をあまり感じなくなったことに関しては他の事情も関係はしていると思いますが、朝の送迎をしてもらうようになったことも関係していると思います)

 

 

他にも、平日に父と子2人だけの時間を作ることができるようになった点も、良かったと感じています。

夫から、娘が自分で靴下を脱げるようになったよ~とか、バスを指差して「バスー」と言いながらバイバイしてたよ~などという話を聞くと、何だかほっこりします。

朝の送迎を夫がしていなければ、特に残業が多い月などは、父と子のふれあいの時間は全く作れなかっただろうなーと思いますので・・・。

 

 

 

【整理】朝の保育園への送迎を夫(パパ)が担当することのメリット

 

以下は、夫の仕事が忙しいなどといった理由で、家事・育児の役割が妻に集中している家庭を想定して書いています。

 


(1)妻の負担が減る

朝、子どもを保育園に預けるという役割がなくなるだけで、ずいぶん楽になります。

朝の5分、10分、15分は、それくらい貴重な時間。

 

(2)妻の夫への不満が減る

夫に何もしてもらえない(全部1人でやっている)・・・という不満やストレスを感じることが減り、感謝の気持ちも持てるようになる(かも)。

 

(3)夫が子どもと接する時間を作ることができる

帰宅時間が遅い夫は、子どもとのふれあい時間を夜に作ることができません。

朝の送迎タイムは、貴重な父子のふれあい時間となります・・・

 

 

 

 

仕事が忙しい夫(パパ)こそ、朝の送迎を担当したら良い!という発想もアリなのではないか?

 

 

朝の送迎を夫(パパ)が 担当することのメリットについて整理すると、そんなこと言われなくても分かるよーといった単純なことになってしまいました。

 

ただ、この記事で1番お伝えしたかったことは、

仕事が忙しい夫こそ、朝の送迎を担当したら良い!という発想もアリなのではないか?

ということなんですね。

(※仕事が忙しくないのに家事を全くしない夫は言うまでもなく)

 

普通だったら、逆のことを考えてしまいがちですけどね。

夫が忙しいなら、妻がやる!と。

 

 

でも、そんなことしていたら、本当に全部妻が家事・育児をやることになっちゃいますよー・・・。

 


仕事が忙しい夫も大変ですが、仕事に加えて家事と育児を1人でやる妻も、大変ですよ。
ときには、不満もたまります…


早く帰ってきても、休日も、そういう夫が積極的に家事をやるわけではないんですから…(やってらっしゃる素晴らしい方もいらっしゃるかもしれませんが)

 

 

仕事が忙しくて、日常の家事・育児がなかなかできないからこそ、毎日の朝の5分、10分、15分を使って、保育園への送りだけは夫に毎日やってもらう。


そのことが、家事・育児の負担が集中してしまう妻にとっては、とても救いになるますよ~という話なんですね・・・。

 

 

 

いかがでしょうか?


もちろん、状況によっては夫が朝の送迎を担当することが現実的でない場合もあるとは思いますが、もし、夫と妻、どちらがやることも可能ならば、夫が担当するということについても、前向きに検討されたらいかがかな~と、勝手ながらご提案させていただきたいと思います。

 

夫が子どもと一緒に先に家を出て、10分で片付け等をやった後に妻が家を出る、とかでも良いんじゃないですか?
って、思いますよ…個人的には。

 

 

 

●●●

 


本日は、共働き家庭の朝の送迎に関するお話でした。

 

私としては、大切なことを書いた!つもりなんですが、上手く伝えられたでしょうか?
読んだ方の状況によってはピントがずれている話になってしまったかもしれませんが…

夫=家事をしない、ということが前提の話になっていますしね・・・家事をたくさんされているパパさんには申し訳なかったですね。

 


そして、一生懸命書いたけれど、こんな記事を読んで下さる方がいらっしゃるかは不明!
そんなわけで、読んで下さったそこのあなたはとても貴重な存在…

 

どうもありがとうございましたm(_ _)m