隣のとんくりさん。

2歳の娘を育てる母(ダークとんくり)のテンパリ育児記録です。

MENU

【イヤイヤ期】娘が靴を履くのを嫌がって大泣き事件!その原因とは!?


 

 

 

娘の2歳の誕生日まで、あと1月を切りました。

 

最近は、自己主張もいよいよ激しくなって、毎朝の出かける準備や車の乗り降り、お風呂・お着替え・・・一つ一つのことにかなり手こずるようになってきました・・・。

 

そんな中、娘が靴を履くのを嫌がって大泣きする事件が連日発生!

 

 

多分、これが原因だったのかな・・・と思われることがありますので、

その顛末をご紹介します・・・

こんなこともあるんだよ、ということで・・・。



 

土曜日の靴イヤイヤ事件。

 


先週は、靴に始まり靴に終わった休日でした。


土曜日。

雑貨屋さんで
「良さそうな靴があるよ」と夫が言うので、娘に試し履きをさせてみました。
サイズは13の次は14だったので、とりあえず14サイズの靴を。
でも、やっぱりブカブカ。

 

しかも14サイズの靴はお下がり数点が家にあったことを思い出したので、そのまま売り場を後にしようとしたところ、娘は「この靴が欲しい!」と大泣き…

 

もともと履いていた靴を履こうとしません。

 

結局そのまま靴を履かせることができず、抱き抱えて店を後にしました。

 

 

 

日曜日の靴イヤイヤ事件。そして・・・

 


翌日の日曜日。

午前中に公園に出かけようとしたところ、娘はまた、靴を履きたくない!と大泣き。

 

娘のイヤイヤもここまでヒドくなってしまったのか…と途方に暮れながら30分近く粘った後、何とか靴を履かせて公園に行くことができました。

 


しかし、公園で遊び始めてしばらく経つとまた

「  ぬ  ぎ  た  い  っ ! 」

と言って、娘は靴を脱ぎ始めました。

 

「靴を脱いだら、歩けないよ!」

と言って靴を履かせようとする私と、イヤイヤ!と大泣きする娘…。

 


私は、どうしたものかと困惑しました。

 

娘は、かわいい靴に執着している・・・。

ここ最近、スタイや靴下も、かわいいものでないとイヤイヤしたりするのです。
昨日履いたかわいい靴が忘れられないのかしら・・・?
いや、だからと言って、ここでかわいい靴を買い与えたら、何でも子どもの言いなりの親になってしまうではないか・・・・・・・。

 

 

しかし、しばらくして、ようやくあることに考えが及びました。

 

公園で遊んでいる途中に突然靴を嫌がるなんて、やっぱり変だ・・・!
もしかして・・・娘は、靴が小さくて、痛くて、嫌がっている………?????


!!!!!!

 

 

多分そうなんだろうと思い、そのまま夫に電話して迎えに来てもらい、育児用品店に直行。

 

 

そこには、13.5サイズの靴もちゃんと置いてありました。

 


履かせてみたら、結構いい感じ…

運動用と、お出かけ用の二足を購入。
運動用を早速娘に履かせてみたところ、娘はご機嫌。


あぁ…!

 

 

 

娘はずっとずっと靴が小さくて痛い思いをしていたなんて……!

きついなぁ、痛いなぁ、と思いながらも、娘は靴が小さくなったら大きい靴に変えるということを知らなくて我慢していたのかも?


そして、14サイズの靴を履いたときに痛くなくて、「コッチが良い!こんな痛い靴は嫌
だ!」って大泣きするようになったのかも…??

 


かわいそうなことをしてしまった・・・(;_;)!!!!!

 

 

 

夫には、「だから、靴が小さいんじゃないかって、言ったじゃん!」と言われました。

 


確かに、夫からは何度か指摘を受けていました。はい、何度か。
でも、そのたびに私はつま先を確認して…まだ余裕があるよ、と。(そのときは、余裕があると思った・・・。(実際は、横幅が狭くなってきつくなることもある。))
しかも、まだ14じゃ大き過ぎるし…と。

 

14サイズの靴ばかりもらったもんだから、13の次は14だと思い込んでいた!
ボケ過ぎている!

しかも娘が靴をイヤイヤし始めても、イヤイヤ期のせいにする鈍感さよ…。

 

自分の母親としての不甲斐なさに、凹みました…

 

 

 

反省

 

 

今回は、私がボケっとし過ぎていたせいで、娘にとてもかわいそうな思いをさせてしまいました。

いや、実際は夫から指摘を受けていたにもかかわらず真剣に取り合わなかったわけなので、ボケッとしている以前の問題でしょう。

 


服のサイズオーバーにも気づくのが遅くなり、90サイズの服を揃えるのが後手後手になってしまって、反省していたところだったんですが…。


子ども服・靴のサイズ管理は、待ったなしです。
本当にあっという間にサイズオーバーになるので、ボケッとしている暇はないのですよね。

本当にごめんなさい、娘。

 


ちなみに、幼児期の足の成長スピードはとても速いらしく、3・4か月を目安にサイズを測って適正サイズかどうかの確認が必要とのことです。そしてサイズは個人差が大きいとか。メーカーによっても大きさは違いますしね。


そして、つま先の余裕は5ミリ~1センチほどあるのが理想とのことです。
(いずれも、今回調べて初めて知った。)

 


娘の場合、13から13.5への切り替えは、本来もっと早くしておかなければいけなかったのだろうと思います。
13.5から14への切り替えのタイミングも遅くならないように、買ったばかりだからと安心することなくこまめにチェックしていきたいと思います。。。

 

 

 

 

娘の服のサイズに関する補足

 


服については、娘の場合は1歳9ヶ月以降に90サイズの服に切り替えました。
もう少し早く切り替えるべきだったと思っています。

それくらい、気づいたときには80の服が小さくなっていました。。
(【参考】1歳9ヶ月時の身長: 82センチ、体重10.3キロ)

 

 

 1歳11ヶ月となった現在は、身長83.4センチ、体重11キロになっています。

2歳児のサイズの目安は90、3歳児のサイズの目安は95だそうです。

 

 

先日試しに95の半袖肌着を買ってみましたが、問題なく着せられました。

ズボンもバースデーで95を試しに1本買ってみましたが、長さはちょうど良かったものの、ちょっとウエストが緩く、まだ早かったです。

 

春用Tシャツは90のものを揃えてしまったのですが、試しに95を買ってみても良かったかも。

夏服も、まずは試しに95を買って、サイズ感を確かめてみようと思います。

冬服は、95を購入することになるのではないかと…。

 

 

いずれも後手後手にならないように、シーズン前にしっかり揃えたいと思います。

 

 

 

 

●●●

 

 

 

本日は、娘の靴イヤイヤ大泣き事件と、その顛末についてでした…。


最後までお付き合い下さった方は、どうもありがとうございました…。