隣のとんくりさん。

2歳の娘を育てる1匹狼的ワーママの、テンパリ育児記録です。

MENU

【ブログの闇】「ブログをやめたい」と思うとき

 

 

突然過ぎますが、「ブログの闇」のコーナーです。

 

私はブログが好きなので、今後もブログに関するネタをときおり書くかも…?

ご興味のない方はスルーして下さいませ…(^_^;)

 

 

 

私を苦しめる「ブログやめたい病」

 

このブログを始めて1年半ほどが経とうとしています。

 

最初は思いつきで始めたブログでしたが、性に合っていたようで、今まで続けることができました。

 


読者様も少ないブログなのに笑われるかもしれませんが、今では決して遊びや娯楽・暇つぶしのつもりでやっているのではなく、かなり真剣に向きあい、取り組んでいます。

 


しかし、真剣にやっているからこそ、ときおりとても苦しくなり、やめたくなります…。


この「ブログやめたい病」は、定期的に私を苦しめてきました。
そして、これからも…?

 

私の人生を豊かにしているのもブログ、苦しめているのもブログ、今ではそのように理解しています。

 

 

 

「ブログをやめたい」と思うとき

 

「ブログをやめたい」と思うときは、単に疲れているときなど、いろいろあるのですが、1番多いのが

 

「人を不快にさせてしまったかも…」

「人を傷つけてしまったかも…」

 

と思ってしまったときです。

 

 

ブログって怖いんですよね。
何気なく書いたことが、立場が違う特定の誰かにとっては、とても攻撃的な言葉になったりします。


でも、書いてしまったもの・読まれてしまったものは、取り消せない。

 

 

 

「私が書いたあの記事は、こういう人が読んだら不快に思ったかもしれない・・・」

 

 

 

そのように考えて、後から反省することが、よくあります。

 


そうなると、どんどん自己嫌悪に陥っていき、しまいには

 


「自分のブログは、人を不快にさせる悪魔のようなブログだ!」

 

「自分はみんな(読者様)から、嫌な奴だと思われている!」

 

「嫌われるためにブログを書くなんて、もう嫌だ・・・」

 


という考えにまで至ってしまいます。汗

 

 

 

そして、「ブログやめたい病」が発症します。

あ~また始まった…と、いつも思います。

 


こんな私は、本当はブログに向いていないんだろうなぁー…と、よく思います。

 

 

 

 

それでも、ブログを続けていく理由

 

「ブログやめたい病」が発症したら、ジッと耐えて、時が経つのを待つのみです。

そしたら、またやる気がでてきますから…。

 

 

こうして、定期的に私を苦しめる、ブログ。

ブログと出会えたことは、私にとって幸せだったのか、不幸だったのか、正直分かりません。

 

 

しかし、それでもまだ続けていきたいと思っています。

 

ブログを続ける理由は、本当にいろいろあるのですが、少しずつ変わってきているように思います。

 

 


最初は、誰かのお役に立てたら嬉しいな♪という軽い気持ちで始めました。


続けていくうちに、アクセスが少しずつ増えていくのが楽しくなりました。


さらに、定期的に読んで下さる読者の方が少し現れて、リアルタイムの自分の話や思いを書いて、読んでいただくことが楽しくなりました。

 

そして最近では、ブログで記事を書く中で、自分が何に興味・関心があって、何について考えていきたいのか?自分はどうしたいのか?といったことに気づいたり、~したいという意欲が出て、行動につながったりする、そういった部分にとりわけ価値を見出すようになりました。

 

 

 

そーなんです!

 

私、最近「本が読みたい」と思っているんです。

この、読書嫌いの私に、本が読みたいと思う日が来るなんて!信じられない思いです。

ブログで記事を書いていくうちに、知りたいこと、考えたいことがいろいろとでてきた結果です。

思えば、料理もブログのおかげで頑張りたいと思って、意欲的にやるようになったのでした・・・。

 

 

私はもともと無趣味かつ何事にも無関心で、~したいという意欲や行動力に欠ける人間だったので、このような、感情・思考の整理→意欲・行動の喚起、というブログの持つ側面は大切にしたいと感じています・・・。

 

 

 

このように、苦しみながらも、ブログを続ける価値をいくつも見出しているので、気力が尽きるまでは続けたいと思っています。


そして続けていく中で、「ブログやめたい病」を発症することなく、ブログとつきあえるようになったら良いのにな・・・と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、「ブログの闇」第1弾として、「ブログをやめたい」と思うとき、それでも続けたい理由などについて書かせていただきました。

こういうブログをどうしていきたいか、ということについては、定期的に書いていくと思います(^_^;)書かずにはおれない・・・そういう確認作業をしないと、やってらんねーというか、続けていくことは簡単なことではないと思っています。

 

 

この記事で書いた「人を不快にさせたかもしれない・・・」ということについては、今まで私の記事を読んで不快になったことがある方には本当に本当に申し訳ない思いです。

でも、あまりにもそこを気にし過ぎると、何も書けなくなり、大変無機質・無感情なブログになってしまうよなぁ・・・とも感じています。

 

とはいえ、いろんな立場の方が読んでいらっしゃるんだ、ということは忘れず、誰かを不用意に傷つけるような文章は書かないように、気をつけていきたいと思います。

 

 

 

では、私以外の方にとっては完全にどうでも良い話でしたが、おつきあい下さった方はどうもありがとうございました!