隣のとんくりさん。

2歳の娘を育てる1匹狼的ワーママの、テンパリ育児記録です。

MENU

2歳のパズル遊び①~購入したパズル等のご紹介。

 

 

こんにちは!

 

我が家では、娘が2歳になるちょっと前くらいから、パズル遊びをよくするようになりました。


というわけで、本日は、ずっと書きたいと思っていた、パズル遊びに関する記事を書きたいと思います!

 

 

なお、長くなるので記事を2つに分けることにしました!

第1段となるこの記事では、我が家ではいつ頃、どのようなパズルを購入したか?についてご紹介します。
ピースが多いほど難しいとは限らない!という発見についても書いています。


他の家庭のパズル遊び事情にご興味のある方は、おつきあいいただければ…と思いますm(_ _)m

 

 

 

購入したパズルのご紹介

 

まずは、我が家では、いつ頃、どのようなパズルを購入したか?についてのご紹介です。

購入した順にご紹介します。


なお、我が家の場合は、パズルは全てAmazonで購入しています。夫がamazonヘビーユーザーなこともあり....

多くの種類を扱っていることや、店頭より安い(400円弱で買える)ということがそのメリットですが、他の商品と合わせて2000円以上買い物をしないと購入できない(合わせ買い対象商品)という点がデメリットです。

ご参考までに…。

 

 

(1)アンパンマンパズル(6ピース)


1番最初に購入したパズルは、アンパンマンパズル(6ピース)です。

サンスター ケースつきハッピーロッピーパズル・6P-F アンパンマン 5540010F

サンスター ケースつきハッピーロッピーパズル・6P-F アンパンマン 5540010F

 

 


1歳7ヶ月のときに、クリスマスプレゼントの1つとして購入しました。

 

こちらのパズルはピースが少ない上に、台紙に絵が書いてあるので難易度が低い!

 

f:id:popopopopotato:20170609044851j:plain

 

最初は私が促して、手助けしながら遊ぶことが多かったのですが、2歳が近づくに連れて娘が率先して遊ぶようになりました。


2歳1ヶ月になった今でも、よく遊んでいます。
というのが、親の手助けなしでできる唯一のパズルなんですよね。
「できた!」と、本人も毎回満足げです。


簡単かつ長く遊べるということで、初めてのパズルには、とってもオススメです。

 

 

(2)ワンワンパズル(9ピース)

  

 

 

次に購入したのは、ワンワンパズル(9ピース)です。ワンワンのパズルも、ピース数が少ない商品(9〜11ピース)がたくさん出ていますね。

 

アンパンマンパズル(6ピース)が良かったので、その1ヶ月後くらいに購入。

こちらも、2歳が近づくに連れてよく遊ぶようになりました。

 

今でも、私の手助けがないと途中で「できない!」と癇癪を起こしてやめてしまうので、見守りつつ少し手助けしながら遊んでいます。(そーなんですよ!

 

 

 

(3)ミッフィー(15ピース)、アンパンマンパズル(30ピース)、動物パズル(30ピース)


次に購入したのは、ミッフィー(15ピース)、アンパンマンパズル(30ピース)、動物パズル(30ピース)の3点です。

ワンワンパズルがだいぶできるようになってきた様子を見て、夫が(調子に乗って)購入しました。2歳になるちょっと前のことです。

 

15ピース 子供向けパズル ミッフィーとおもちゃ ピクチュアパズル

15ピース 子供向けパズル ミッフィーとおもちゃ ピクチュアパズル

 

  

アンパンマン 天才脳はじめてのパズル 30ピース 楽しい広場

アンパンマン 天才脳はじめてのパズル 30ピース 楽しい広場

 

 

 

 

最初は、いきなり30ピースなんて早すぎる!
と思っていたんです。

しかーし!

意外や意外。
実は、この30ピースのアンパンマンパズルが現在1番活躍しているのです。

 


9ピースのワンワンパズルよりも、30ピースのアンパンマンパズルの方が、娘は迷わずサクサクとはめ込んでいくんですよ!!!

 

ちなみに、ミッフィーパズル(15ピース)は、娘は「うさこ!」と言いながら遊びたがることはあるものの、たいていすぐに飽きてやめてしまいます。

 


動物パズル(30ピース)は、アンパンマンパズルとピース数は同じなのに、びっくりするくらい難しく、完全には使いこなせていません。

たまに型はめ遊びをするくらいですね。

 

 

これは一体どういうことなのか!?

ピース数が多い=難易度が高い、ではないの!?!?!?

 

 

 

 

★ミッフィーパズルは、ピースの形が面白いのが特徴。子どもの想像力をかきたてます・・

 

f:id:popopopopotato:20170609043337j:plain


飛行機ピースを見つけて、「飛行機ブーン!」と言いながら、パズル遊びをやめてしまうことが多いです(^_^;)
他にも「おうま!」とか「かめ!」とか、いろいろ見つけています…

 

 

 

 

 

ピース数が多いほど難しい…とは限らない!?その理由とは。

 

 

なぜ、30ピースのアンパンマンパズルが1番活躍しているのか!?


この理由については、娘が大好きなアンパンマンだから夢中になって遊んでくれる、という理由もあると思います。


しかしながら、理由はそれだけではないと私は考えております。


以下、詳しくご説明しましょう。

 

 

下記は、ミッフィーパズルとアンパンマンパズルのピースの比較です。

違いが分かりますでしょうか?

 

 

f:id:popopopopotato:20170609043510j:plain

 

 

f:id:popopopopotato:20170609043527j:plain

 

 


ミッフィーパズルの場合は、1つ1つのピースに描かれているのがミッフィー(全体)の一部や背景なので、それがどこの部分なのか、抽象的で分かりにくいんですよね。


1つのピースを手に取っても、どこの部分だろうかと娘は戸惑ってしまいます。
それで、分からない!できない!と遊びをやめてしまうことが多いのです。

これは、ワンワンパズルも同じです。

 

 


一方、アンパンマンパズルの場合は、各ピースに何が描かれているのか明確です。

例えば、これはコキンちゃんの顔だ!手だ!とすぐに分かります。

難易度が下がるように、敢えてこのような分かりやすい切り方をしているのかな?と感じました。

 

 


何度も何度も繰り返し遊んでいると、どのキャラクターがどこらへんにいたのか、娘もある程度覚えてしまうんですよね。


それで、コキンちゃんの顔はココ、手はココと、サクサクとはめ込んでくれるようになったというわけなのです…。

 

 

ちなみに、娘は

「コキンちゃんの、足ねー!」

「アンパンマンの、手ねー!」

などと言いながらピースをはめこんでいきます。面白い。笑

 

 


★キャラクター以外の分かりにくいピースは、たいてい最後まで残る…

 

f:id:popopopopotato:20170609043948j:plain

 

 

 

 

この現象は、何も娘に限った話ではなく、実は私自身も、ミッフィーパズルよりアンパンマンパズルの方が迷わずはめ込んでいけると感じています。


こんなこともあるので、30ピースのパズルはまだ早い!と思ってらっしゃる方も、試しに買ってみるのもアリかもしれませんよー(^o^)

 

 

 


★アンパンマンパズルがあまりにも活躍しているので、先日追加購入しました…

30ピースと60ピース。また夫が調子に乗って60ピースを・・・。

とはいえ、いつかは使えますし、今回も以外とすぐに使える!ってこともあるかも!?!?

  

アンパンマン 天才脳はじめてのパズル 30ピース パン工場でパーティ

アンパンマン 天才脳はじめてのパズル 30ピース パン工場でパーティ

 

 

アンパンマン 天才脳はじめてのパズル 60ピース ステージショー

アンパンマン 天才脳はじめてのパズル 60ピース ステージショー

 

 

 

 

 


 

 

さて、本日は2歳のパズル遊び第1段として、我が家で購入したパズルのご紹介をさせていただきました。

 

 

いろいろな種類のパズルが出ているので、選ぶのも楽しいですよね。

本当は海の生き物!とか、乗り物!とか、アンパンマン以外のパズルも遊びに取り入れたいのですが、やはりアンパンマンパズルで一番遊びたがるので、アンパンマンパズルばかりが増えていきます。

アンパンマンに頼りきりの我が家です。(アンパンマン様〜!

 

 

 

次回は、アンパンマンパズル(30ピース)を使って、我が家ではどのようなステップを経て遊んできたか、について書きたいと思います。


最後までおつきあい下さった方は、どうもありがとうございました!